blog

top > 學展blog

2014.10.07 (Tue)

生活

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

みなさんこんにちは。個人的にそろそろ海外旅行をしたいなと思っているWeb担当のさめちゃんです。

でも海外旅行ってお金も時間も必要で、計画は立ててみるけどなかなか難しいですよね。

そこで今回は、見ているだけで旅行した気分になれるGoogle Maps ストリートビューでお手軽ワールドツアーを行いたいと思います。

Google Maps ストリートビューでできること

みなさんはGoogle Maps良く使いますか?

僕はよく使います。

これですね。

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

展覧会や、噂のご飯屋さんなんかに行くときよく使います。

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

で、上の画像の人形アイコンをドラッグして地図にドロップすると

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

SF映画さながらのド派手な演出からの画面遷移の後、

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

一瞬であの町、この町に移動できます。
※今回は渋谷のスクランブル交差点にドロップしました。
このネオンきらめく夜景…Google社員が外国人の方を意識してチョイスした気がします。
ひょっとして歌舞伎町も?と思いましたが、渋谷のここだけなぜか夜景でした。

このように、Googleが地道に撮影したあらゆる都市の道路写真が360°のパノラマで見ることができるんです。

ここまでは、ご存知の方も多いでしょうが、このスとリードビューも日々進化しており、今では、

・ガラパゴス諸島およびその海域
・オーストラリアのグレート バリア リーフ
・グランドキャニオンの山道
・富士山の頂上(五合目から登れます!)
・エベレストのベースキャンプ
・アフリカのキリマンジャロの山頂

といった普通に行くのも困難な場所を撮影し、ストリートビューとして閲覧することができるようになっているんです!

早速、その壮大な自然を見てみましょう!

グレート バリア リーフへダイビング!


大きな地図で見る

早速ウミガメの登場です!

海の中も世界遺産も隅々まで見れる!?ますます充実したGoogle Maps ストリートビューで遊ぼう!

地図上をぐるぐる動かしてみてください。

めちゃくちゃ奇麗ですね〜

グランドキャニオンでトレッキング!

続いてはこちら、世界遺産のグランドキャニオン!


大きな地図で見る

この山肌!臨場感抜群ですね。
このまま山道を下り、コロラド川まで散策することができます。

いや、でもここは一生に一度は行ってみたいなぁ…

水の都ベネチア

イタリアの観光名所ベネチア!ハロウィンもちかいということで!


大きな地図で見る

いやー本当に建物が水に浸ってますね。

日本人の心。富士山の旅

はい着きました。富士山五合目!
富士登山で一番メジャーな山道「吉田口」の入り口でもあります。

僕はご来光登山をしにこの吉田口に来たは、21時に到着したのであまり様子がわかりませんでしたが、かなり混雑してますね。

ここから山頂への道を全てストリートビューで体験することができるんです!

来年こそ富士山登るぞ!という方は是非シュミレーションにご活用ください。


大きな地図で見る

こちらは山頂!お鉢参り(富士山の火口を一周すること)の疑似体験ができます!


大きな地図で見る

雲の上にいることが実感できる画像に圧倒されます。

極めつけはこちら!ケネディ宇宙センター(NASA)

活躍回数の多かったスペースシャトルのエンデバーの格納庫内や、滑走路、管制室、発射台など普段なかなか見ることのできない場所もストリートビューなら見に行けます!

特にエンデバーの胴体を下から見るなんてこともできちゃうのが、男心をくすぐります。


大きな地図で見る

しかもストリートビューの人形アイコンも宇宙服を着用しているあたりが芸が細かいっ!

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか!Google Mapsストリートビューの面白さが伝わったでしょうか。

ストリートビューの裏側を解説した下記URLのサイトも大変美しい画像ばかりなで、
有名スポットを数多く紹介しているのでご覧下さい!
ストリートビューアドベンチャー

今回ご紹介した場所以外にも秘境や建物の中まで見ることができるので、是非ストリートビューを活用して世界旅行を疑似体験してみてください!

學展の開催概要はこちらから >