blog

top > 學展blog

2014.9.14 (Sun)

制作

お手軽!だけど本格的なiPhoneと身近なものを使った商品写真の撮り方

ph0 お手軽!だけど本格的なiPhoneと身近なものを使った商品写真の撮り方 學展ブログ





みなさんこんにちは。よねちゃんです。

自分の作品や商品の写真を撮るときどのように撮ってますか?
せっかくの写真を撮るのであれば綺麗に撮りたいですよね。

「でもしっかりした写真を撮るにはいいカメラや専門的な道具がいるんでしょ?」
そうお考えのあなた!そんなことはないんです。

今回はだれの家にも必ずあるであろう身近なものを使って本格的な商品の撮り方をご紹介致します。

用意するもの

こちらが今回の撮影に使用するものです。(ほとんどがなにかしらで代用が出来ます)
學展ブログ

まずは”撮影するもの”
今回は左下の一眼レフのレンズを撮影したいと思います。

そしてiPhone。(もちろんAndroid端末でもOK)

A3の白か黒の厚めの紙。

テープ(メンディングテープだと張り直しが楽です)

クリップ(洗濯バサミでも可)

ティッシュ(なくてもOK)

ミニ三脚(あったらいいな程度。なくてもOK)

用意するのはたったこれだけ!
以外と少なくて済むんです。

ロケーション

続いて重要なのがロケーションです。

といっても”明るければ”わりとどこでも結構です!
商品を良く見せるには明るさが重要です。

もし可能であれば外にでて撮ってみましょう!
(もちろん室内でも綺麗に撮れます)

學展ブログ

今回の撮影のロケーションはデザインフェスタギャラリーに隣接しているDFカフェ&バーで撮影致しました。

DFカフェ&バー http://www.df-cafe.com/

撮影開始!

學展ブログ

まずはコチラが今回撮影するもの(商品)です!

學展ブログ

まずは厚手のA3用紙をこのように壁にテープで固定。
だらりとテーブルや床にだらりと余裕を持たせて固定します。

床面も紙をテープで固定してる方がやり易いですよ。

學展ブログ

前から見るとこんな感じ。

次にカメラとミニ三脚。

學展ブログ

iPhoneをがっしりと挟み込むタイプの三脚です。

こういったiPhone専用の三脚があるとさらに撮影がやり易いです!が、
「iPhone専用の三脚もってないよぉ…。」という方もご安心ください。
三脚の代わりにコチラを使います。

學展ブログ

そう!クリップ!

クリップでiPhoneを挟むだけなのです。

これだけで十分固定できますし
なんなら挟んでiPhoneを立てて固定出来れば洗濯バサミでも可能です。
(iPhoneが傷つく可能性があるので気になる方はティッシュなどを間にかませてください。)

學展ブログ

iPhoneのカメラは意外と広角(広い範囲)が写るので近めで撮影。
もし高さが必要なときは本などを敷いて高さを調整してみ下さい。

學展ブログ

前から見るとこんな感じ。
(iPhoneが汚くてすみません…。)

そして実際に撮れた写真がこちらです!

學展ブログ

じゃじゃん!
なかなか綺麗に撮れてると思いませんか?

でも上の紙が足りてない部分気になりますよね…。
そこで!

トリミング

iPhoneの標準アプリの”写真”を使って簡単にトリミング(切り取り)ができます。
やり方はこちら

學展ブログ

カメラロールからトリミングをしたい写真を選択。
トリミングアイコンをタップして必要な部分を囲んだら”トリミング”をタップ。

たったそれだけでご覧の通り!

學展ブログ

素敵な商品写真が出来上がり!!!

學展ブログ

學展ブログ

とっても簡単に撮れました!

手のひらサイズの作品くらいなら今すぐにでも撮れちゃいます。
もっと大きい作品を撮りたいときは紙のサイズを大きめにして下さい。

また、明るい色の作品や、写真にもっと上品な印象を持たせたい時は
黒やグレーの紙を使ってみるといいかもです。

〆(まとめ)

商品写真として統一感のある写真が欲しいときや
切り抜いて使いたいときにもとっても重宝する今回の撮影方法。

ぜひお試し下さい!

學展の開催概要はこちらから >