blog

top > 學展blog

2014.11.04 (Tue)

制作

魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

みなさんこんにちは!さめちゃんです。

何かをデザインする上で重要ポイントといえば、フォントやロゴマークといった文字の要素かと思います。

このブログでも何度かフリーフォントをご紹介してきましたが、今回はステキなタイポグラフィをまとめているサイトをご紹介いたします。

特に文字をくっつけた合字(筆記体によく見られる文字組です)が多いので、模索中の方は答えが見つかるかも。

I Love Ligatures

魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/

まずアクセスして頂くと紹介されているタイポグラフィの数に驚くはずです。

僕個人的に筆記体自体にあまり馴染みのないので、新鮮かつどうやったらこのような文字を作れるのか興味津々です。

どのタイポグラフィも目を惹くものばかりですが、特に気になった作品をいくつか紹介していきたいと思います。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/80182601960/ab-stripes

まずはこちら!
ストライプの模様と2つの文字が組合わさった作品。

織物のような雰囲気を醸し出しています。
イラレを使えば作れそうですね。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/52619643912/star-wars

続いては、合字ロゴの金字塔?的なタイトル画像。

よくみると見事ですよね。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/101499586479/allow-me-to-reintroduce-myself

こちらは、「これ、手書きだぜ」といわんばかりの手書きアピール作品。

筆記用具もきっちり写真の枠に収めているあたりが、ニクいです。

手書きでこのレベルまでに到達するのはなかなか難しい気がしますが、こういった文字を使いこなせたらステキですよね。憧れます。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!


http://iloveligatures.tumblr.com/post/21706246791/wise-men

シンプルですが、これなら真似できそう!と思わせてくれるワンポイント合字デザインです。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!


http://iloveligatures.tumblr.com/post/86880493239/how-rude

こちらも真似ができそうなデザイン。

こういった簡単なもので練習しながらテクニックと経験値を身につけていきたいところです。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/91960895679/ica-logotype

こちらは相当綿密に、それこそ手書きのラフな感じとは正反対の方法で作成されたことが伺える作品です。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/96601658999/beer

手書きのBeerの文字と背景のノイズ感がマッチした作品。


魅力的なタイポグラフィがそろうギャラリーサイト『I Love Ligatures』をご紹介!

http://iloveligatures.tumblr.com/post/81878237942/collective

最後にご紹介するこちらも、「鉛筆一本で描いたけど、何か?」な感じが滲み出ているニクい作品です。

でも、鉛筆一本で描けるなんて羨ましいです。

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

『I Love Ligatures』は、アルファベットの合字がメインのサイトですが、色々な作品からテクニックを盗んで、日本語フォントに応用するなんていうのも面白いかもしれません。

作品の雰囲気をガラっと変える文字要素。奥が深いですね….

今後も当ブログではフリーフォントのご紹介や、フォント関係のチュートリアルなどもご紹介していきますので、お楽しみに!

學展の開催概要はこちらから >