blog

top > 學展blog

2016.4.19 (Tue)

制作

GAKUTEN ライブペイントのすすめ

本日はGAKUTENの「ライブペイントエリア」を詳しくご紹介したいと思います。

ライブペイントエリアとは?

 

g0

ライブペイントエリアと他のエリアとの大きな違い。

それは、直接ライブペイントできるパネルがセットになったお得なプランということ!

学生の皆様が思い思いの絵を描くパネルは、初日から用意されています。

ブースエリアでも別途、壁面パネルをレンタルすることができますが、

このライブペイントエリアの方が、ちょっとお安くパネルを使えてしまうのです。

ライブペイントエリアの醍醐味

g3

画材と描きたい気持ちさえあれば、すぐにライブペイントに挑戦できる、

その手軽さが人気の理由の一つです。

キャンバスや紙を持ち込む手間が省けるのは、ライブペインターにとってどれほど助かることか。

しかも、巨大です、大きいです。

GAKUETN では2種類のライブペイントに特化したブースを用意しています。

【ライブペイントブース】 間口2.7m × 奥行0.45m × 壁面2.1m

g2

背丈よりちょっと高いくらいのパネルが備え付けられたライブペイントブース。

ライブペイントをお考えの方は、まずこちらのブースをおすすめ致します。

周りには同じくライブペイントブースが集っていますので、制作の合間に、

他のアーティストがどのように制作をしているのか?をのぞいてみたりして、

是非、交流の輪を広げてください。

巨大ライブペイントブース 間口6m × 奥行0.9m × 壁面3.6m

g4

「ライブペイントブースの壁なんかじゃ、私の絵はおさまりきらない!」

そんなアーティストの為に用意されたのが、巨大ライブペイントブースです。

壁面パネルの大きさは 間口6m × 壁面3.6m

パネルの上部に絵筆を走らせるには、大きな脚立を行き来しなければなりません。

※脚立は事務局がご用意いたしますのでご安心ください。

こんなに大きいパネルに絵がかけるチャンスはなかなかありません!

注目力ばつぐん!とにかく見てもらえる!

g5

ライブペイントブース、巨大ライブペイントブースは両日出展のみ受付しています。

その二日間、アーティストは好きなタイミングで好きなだけ、ライブペイントに没頭できます。

そしてアーティストが作品を制作しているその風景が来場者の目を釘付けにします。

来場者は今の絵がどのように変化するか?を期待して、再びブースを訪れてくれます。

パネルは釘打ちOK!ブース内で物販OK!

g6

 

壁面に何を、どう描くか?それはもちろん、アーティスト次第!

パネルに絵を描く、それ以外にも表現の自由があります。

パネルには釘打ちOK!物販もOKですので、

自分のグッズを壁にかけたりしても構いません。

足元にポートフォリオやグッズを設置する方も多いです。

複数人の参加もOK!

g7

巨大な壁面パネルに対して、1人で挑む必要はありません。

仲間を集めて、グループ出展もOKです!

エリアを分けて描くもよし、作家が入り乱れる共同制作もよし。

ライバルと一緒に参加して、すぐ横で競い合う!

というコンセプトで熱い戦いが繰り広げられたこともありました。

さぁ、ライブペイントをしよう!

g1

短文でまとめるつもりが、長文になってしまいました。

それほどまでに魅力溢れる「ライブペイントブース」

だから比較的早期に売り切れてしまう人気のブース。

※既に「ライブペイントブース」残数少ないです….。

 

しかし、今ならまだ間にあう!

GAKUTEN2016 ライブペイントブースへ、

全国の学生ライブペインター達よ、集うのだ!

 

<ライブペイントエリアの詳細はこちら>

巨大ライブペイントエリアは公募制です。出展ご希望の方は學展事務局までご連絡下さい。

學展の開催概要はこちらから >