blog

top > 學展blog

2015.6.06 (Sat)

制作

もしかしたらできるかも!?プロジェクションマッピングの作り方【制作編】

もしかしたらできるかも!?プロジェクションマッピングの作り方【制作編】

皆さんこんにちは!やっと人差し指でキーボードが打てるようになってきたセブンです。
傷が癒えるのは早くて、人間の神秘を噛み締めています。

さて、皆さん週末はいかがお過ごしでしょうか?

何かぼんやりとしているそこのあなた!!!ぜひ、プロジェクションマッピングをやってみましょー♪
こやつは画像や映像が媒体なので、何にでも応用が効く万能タイプですよー!

では前回、基礎編のおさらいを下記より参照!!▼
出来そうで出来ない!?プロジェクションマッピングの作り方【基礎編】

さぁ、いってみましょー!

制作過程 その1 - 準備 –

「う〜ん、やってみたいけど、まだよくわからない」
「なんか難しそう」
「ポイントだけ教えて!」

そういった突っ込みを実際に頂いたので、今回は制作過程をもっと掘り下げて解説していきたいと思います!

基礎編でもご紹介しましたが

①最低限用意するもの
・パソコン(編集ソフト付き、できればadobeAE & illustrator)
・プロジェクター(光度が高いと明るくハッキリと写ります)
・パソコンとプロジェクターをつなぐケーブル(HDMIがベスト)
・映写する物体(白い、凹凸がハッキリしているものがベスト)

図だとこんなイメージ
もしかしたらできるかも!?プロジェクションマッピングの作り方【制作編】

割とシンプルでしょ?

学生さんは学校でソフトやプロジェクターを借りることができると思いますので、在学中に存分に使いましょ^^
放課後、好きな人誘ってプロジェクションマッピングなんてオシャレ・・・w

制作過程 その2 - グリッド –

さてさて、準備はできました!
早速制作ですね。

今回はillustratorとPhotoshopのみを使って、シンプルに解説してくれているmiya13lineさんのYouTubeを例にやってみましょー!

ここでのポイントは

・映写角度を調節し、ズレのないように境界線をキチンと描く。
・アイディアをひねって、不思議な錯覚が起こるような画像を考える。

動画も同様の調節を動画編集ソフト(After Effectsなど)を使ってやっていきます。
ちなみにMacを使っている方は、プロジェクター照射映像のみを別ウィンドウ(システム環境設定)でフルスクリーン表示するとスッキリ作業できますよ!
 

お次はせっかくのプロジェクションマッピングなので、映像にしかできないダイナミックな変化をつけていきましょう!!!

制作過程 その3 - ストーリー –

簡単なストーリー展開を絵コンテにしてみましょう。
絵が苦手な人は画像を並べるだけでも良いですよ!

もしかしたらできるかも!?プロジェクションマッピングの作り方【制作編】
cotavideoさんのblog抜粋

やみくもに制作すると、どうしても倍以上時間がかかり、質も低下します。
映写物の境界線を絵コンテ上に記入して、そこから展開をどんどん広げていきましょう!!!

そして大切BGM!
マッピングらしい展開や動き方に、音を加えると段違いに良くなります!!!
動画編集ソフトを使用して、BGMやSEを工夫してワクワクするような演出にしていきましょう。
もしかしたらできるかも!?プロジェクションマッピングの作り方【制作編】

まとめ

さぁ、出来るような気がしてきませんか?

そんなに難しく考えることはありません。
何事も習うより、慣れろです^^

基本が出来るようになったら、自分にあった我流で環境を整えていきましょう。
ちょっとした工夫とアイディアでいろいろ応用が利きます。

この動画はパワーポイントのみで制作したものです。
パワポでもできちゃうんですね・・・

来週は応用編をお送りして、シリーズ完結!
お楽しみにー♪

何か質問ある方は何なりとご質問下さいね。

write by SEVEN

學展の開催概要はこちらから >