blog

top > 學展blog

2015.7.08 (Wed)

日々のこと

韓国のオススメ美術館

museum

アンニョンハセヨ!こんにちは!
韓国スタッフのゆんです。
今日は、韓国のソウルにあるオススメ美術館を幾つか紹介します。

個人的にすごく好きで、韓国に帰る度によく行ってますし、
皆にも愛されている美術館たちでございます。

Leeum

leeum1
リウムは、サムソンが運営している美術館で、
韓国の古美術品をはじめ、韓国や海外の近代・現代作品が見れます。

MUSEUM1は古美術の展示、
MUSEUM2では韓国や海外の近代・現代アート作品の展示が行われます。
行くたび、キレイな古美術が見れるのがとても嬉しいことです。

リウムの建築デザインは、世界的建築家である
Mario BottaとJean Noubel、Rem Koolhaas&OMAの作品で、
美術館自体もアート作品として美術館を鑑賞することができます。

semil_Leeum

現在開催中の展示は、「細密可貴:韓国美術の品格」。
韓国美術史の中で、各時代を代表する作品が持っている細密な美しさに注目した展示らしいです。

IMG_0483

以前、リウムに行ったときに撮った写真です。面白い階段!

IMG_0480

面白かったので結構撮っちゃいました…
みなさんも行ったらぜひ撮ってみてくださいね。

■リウムホームページ(日本語)
http://leeum.samsungfoundation.org/html_jpn/global/main.asp

ソウル市立美術館

comd1_26_i6
ソウル市庁(支役所)駅から徒歩5分に立地し、アクセスがかなり良い美術館です。
韓国はもちろん世界各国の現代アートや巨匠の展示が行われてます。

現在は、日本でも人気のあるBIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGONも参加してる
「PEACEMINUSONE」という展示が開催中!
G-DRAGON以外にも、ニューヨーク、フランスなど、
世界各国のアーティストが参加してる魅力的な展示らしいです。

■「PEACEMINUSONE」展示ページ(英語)
http://peaceminusone.modoo.at/

■ソウル市立美術館ホームページ(日本語)
http://sema.seoul.go.kr/global/jindex.jsp

DAELIM MUSEUM

21
DAELIM MUSEUMは、フランスの建築家Vincent Cornuがデザイン、設計しました。
美術館前面に見えるステンドグラスは、一件モンドリアンの影響を受けてるようですが、
実は、韓国の伝統ポジャギを手本としているらしいです。
ポジャギは日本でいうと風呂敷のような、物を包む用途で昔使われてました。

fl2_41_i5
19世紀、韓国の伝統ポジャギ。確かに似ていますね。

他の美術館やギャラリーではあんまり接することのない
メディアアート、ファッションデザイン、ライフスタイル、
または韓国・海外の有名絵画作家の展示が行われています。

アート関係者だけじゃなく、
美術館を遠い存在だと思っていた人たちにも
アートを共感し、楽しめるように心かげているらしいです。

201506281435497040759001_

7月9日から12月31日まで開催されるのは、
ファッションデザイナー「HENRIK VIBSKOV」の展示。
面白そう!!!
夏休みには、韓国に帰る予定なので、見に行こうと思います。

■DAELIM MUSEUMホームページ(韓国語)
http://www.daelimmuseum.org/index.do

〆まとめ

韓国には、よくご存知の通り美味しい食べ物もたくさんありますし、
安いお買い物もできますが、
いい展示を開催している美術館、ギャラリーもたくさんあります。
韓国へ旅をする際は、ぜひ色んな美術館やギャラリーを巡り、
日本国内では見れない、様々なアートに触れ合ってみてくださいね。

學展の開催概要はこちらから >