blog

top > 學展blog

2015.6.09 (Tue)

日々のこと

学生突撃インタビュー!! 学校の美術サークル編 ~大学編その四でまとめ~

学生突撃インタビュー!! 学校の美術サークル編 ~大学編その四でまとめ~

皆さまこんにちは!學展編集部です!
“青展”を追った取材記事もこれが最終回となります。
名残惜しいこと、惜しいこと、、、

 

いや、ここで、泣いては、、、
とパソコン画面を涙で滲ませては、ご紹介出来ぬと!
気持ち切り替えまいります!
では、始めにこの方から

学生突撃インタビュー!! 学校の美術サークル編 ~大学編その四でまとめ~

何やら、ただならぬ雰囲気の持ち主!
学習院大学の新藤さんです。
大学の美術部では渉外さんをしているそうです!

では、さっそくインタビュー!

①美術部の特徴、アピールポイントは?

歴史があります!なんと110年以上続く部活なんです!
教えて下さる講師のかたはOBの方やOGの方なんです。
先輩方との合同展も開催したりするんです。
また、日本画を描くこともできたりと色んな技法にチャレンジすることもできます。
歴史と伝統が息づいている部活なんだと実感することも多いです。

②今取り組んでいることは?

部活の渉外役として、他の学校との連絡役を担ったりしています。
また、今は後輩へ日本画の指導をしたりしています。
日本画の艶っぽいところがとても魅力だと感じています。
ただ、手間がかかる技法でもあるんですが、
それを含めて好きになってもらえるように工夫しながら指導にあたっています。

③これからやりたいことは?

実は家が生け花の家元なので、将来的には家を継ぐことになるんですが、
その環境に育ったからこそ、発信できる事も多くあるんだと思っています。
海外の方に日本の文化を発信していきたいし、海外の文化を日本に紹介も
出来ればと考えています。
外国からの日本のイメージと現状のギャップも楽しみながら
伝統と今の文化を共に伝えたいです!

なななんと!!!
文化の懸け橋に!!!なんとも壮大なスケールなのに新藤さんからその言葉を聞くと不思議と容易いことのように聞こえ、さらにもっと詳しく聞きたくなるようなそんな魅力をもった新藤さん。
今回の展示会の感想を伺ったところ「色彩としての青色という概念ではなく、色んな青として捉えているのが印象的でした。」
と素晴らしい回答をいただいきました。
将来も日本文化の伝承者として活躍応援しています!

と、その他にも「青展」に参加した学生さんのスナップショットをここで紹介したいと思います!
まずは、

学生突撃インタビュー!! 学校の美術サークル編 ~大学編その四でまとめ~

青山学院大学の二宮さん!
アニメへの造詣も深い
ステキ少女です!


続いては
この方!

学生突撃インタビュー!! 学校の美術サークル編 ~大学編その四でまとめ~

東京家政大学の小林さん!
コルセットの時代背景学んでいます!

以上で「青展」の突撃インタビューは終了となります。
やっぱり、涙でパソコン画面が、、、
よく見えません。。。
名残惜しいです。。。
もっと、みなさんのインタビューを掲載したい。。。
そうだ!
これからはもっと、多くの学校に取材に行こう!

そう、ここで、皆さまにお願いです!
學展に出展いただく学校を現在中心にお伺いしていますが、正直魅力をお伝えきれていない学校がほとんどです!
そこで、ぜひ、學展に出展していて突撃してほしい部活や、学校があったらご連絡お願いします!
いつでもあなたの大学へ取材班がお伺いします!

〆(まとめ)

今回、「青展」の取材通じて多くの美術部の学生の方とお話しできて、とても勉強になりました!
ご協力いただき本当にありがとうございました。
これからも様々な事を経験したり、横のつながり広げていってください!


つながるイベント、経験出来るイベント、青春イベントといえば….

真夏のデザフェス、學展ですよね!!

■學展の出展ガイド(ブースの詳細など)
http://www.gakuten.jp/eguide/booth

■學展へ今すぐ参加!
http://www.gakuten.jp/apply

皆様のご参加お待ちいたしております!!!!!

學展の開催概要はこちらから >