blog

top > 學展blog

2015.6.09 (Tue)

日々のこと

クリエイティブするなら文具にもこだわる!使えるおしゃれ文具たち。

bungu

こんにちは、スタッフむすかです。ジブリ的なあれでは断じてありませんのであしからず!
さてみなさん、文具はどんなものを使用していますか?
描きやすければなんでもいいという方もいるかと思いますが、クリエイティブな活動を
するなら機能的+デザイン性にもこだわっていきたいところ。

だけれど文具ばかりに高額もかけられないですよね。

そこで、今回はお手頃で、さりげないおしゃれ感のある機能的・実用的なアイテムと
その文具メーカーをさらっとご紹介いたします。

どうぞッ!

HIGHTIDE(ハイタイド)

HIGHTIDE

機能性とデザイン性にこだわった複数のオリジナルブランドの展開と
セレクトも行う文具メーカー。
お手頃価格で使いやすく、豊富なカラーとその独特の色味にはリピーターも多し。
すでにお使いの方も多いと思われるマストブランド。
HIGHTIDEはアイテムが膨大なのでその中からふたつをピックアップしました。

 

・nähe(ネーエ) のジェネラルパーパスケース

素材は塩ビですが味のある独特なカラー展開のため安っぽく見えないファイル。
色・サイズ展開も豊富。ごちゃっとしがちな鞄の中もすっきりと。モスキーカラーにセンスを感じます。

個人的にはドイツ語のウムラウト(aの上の点)がデザインとして成立していてスキ^^

nahe2

 

・ペンフッククリップ

作った方にスタンディングオベーション送りたいこちら、ありそうで無かった優れものです。
クリップのためノートのサイズや厚みを選ばず、外側に取り付け(ここ最大のポイント)
るのでノートがペンでかさばる、ぽこっと盛り上がる問題を解消してくれます。

シンプルでスタイリッシュなデザインはどんなノートにも合います。

ペンフック

HIGHTIDE公式サイト:http://hightide.co.jp/

 

LAMYのsafari(万年筆)

ラミー

ラミー

初心者でも使いやすいsafariシリーズのカートリッジ&コンバーター両用万年筆。
インクの吸い上げ、漏れなどハードルの高さが気になる万年筆ですが、
カートリッジは装着するだけ。
お手軽かつ力を加えずさらさら書ける描き心地とタッチには病み付きになります!

慣れてきたらコンバーター(別売)式に切り替えてインクの吸い上げに挑戦するのも良し。
ですがオフィスや学校でインク吸い上げしてる姿はなんとなく鼻につくので補充場所にはご注意を。

毎年リミテッドカラーが出るのも魅力のひとつで、今年は画像にも上げたネオンライム。
トップ画像は2014の限定カラーネオンコーラルを使用して実際に書いた文字。
その年の限定カラーとはいえ、在庫が残っていれば販売している店もあったりします。

LAMY公式サイト:http://www.lamy.jp/

 

ANYTHING(エニシング)

エニシング2

ロンドンのデザイナーと翠光社のコラボで生まれた機能美あふれる文具ブランド。
シリーズの統一感と、インテリアとしても使えるフォルムは見ていてうっとりするほど。
ミニマルなデザインなのに使いやすい…
機能美とはまさにこのことを言うのでしょう…

ほちきす

なかでもおすすめはホチキス。こちら、通常のものより大きく、紙の端っこではなく奥の
方を留めたい時など死ぬほど役に立ちます。存在してくれてありがとう…!ってなります。
ファブリックサンプルを作成する方などには特にお勧め。

ANYTHING公式サイト:http://www.anything-design.com/

 

マルアイのこころふせん

スクリーンショット(2015-06-07 16.54.05)

スクリーンショット(2015-06-07 16.54.55)

センス光るご祝儀袋アイテムが豊富な文具メーカー、マルアイが出す
アイディア付箋。水引の描かれた付箋は仕事用というよりは社内での差し入れ等に
使いたいアイテム。相手をほっこりさせる力を持っています。
おすすめは「おつかれさま」。先輩や同僚に、労いの気持ちを込めて使ってみましょう。
実際、こんなので差し入れされたら好きになる…!

マルアイ公式サイト:http://maruai.co.jp/

 

まとめ〆

いかがでしたでしょうか。使ってみたい文具はありましたか?
最近は地方の金属・木工素材の工房とデザイナーのコラボアイテムが出るなどバリエーションも豊富で、こだわり
出したらきりのない文具。
これがきっかけであなたも文具の世界へどっぷり浸かってみては!

最後に...

文具はなるべく色を統一した方がおしゃれ感、こなれた感がでます!
複数の色を使う場合は配色を考えるなど、色んなアイテムがあって煩雑になりやすい
文具こそ統一感ですっきりみせると素敵です!

IMG_5848

 

學展の開催概要はこちらから >