blog

top > 學展blog

2015.8.04 (Tue)

日々のこと, 生活

学校突撃インタビュー!! ESP ミュージカルアカデミー編

皆さまこんにちわ
學展取材班です!

學展も開催間近
いかがお過ごしでしょうか?
取材班はイベント当日に向けて
ワクワクがとまりません!

そんなこんなですが、
本日の突撃インタビューはこちらにお邪魔しました!

じゃん!
IMG_768900

ESPミュージカルアカデミーギタークラフト科の皆さまです!
さすが!ポーズもばっちり決まっています!

ESPミュージカルアカデミーとは?そして、皆さま興味津々であろうギタークラフト科とは?世界で活躍するアーティストたちが愛用するギターのメーカーとして『ESP』が誕生して以来、
常に音楽シーンの中心でエンタテインメント業界を盛り上げているメーカとして有名な企業です。
そのメーカが国内では最大規模の総合音楽教育専門学校として誕生したのが
ESPミュージカルアカデミーです。
エンタテインメントのすべてをカバーする教育環境を有する学校として
多くの有名アーティストを輩出しています。
そして、ギタークラフト科とは?
日本ではめずらしいギターをトータル的に学ぶことができる学科です!
オリジナルギターを製作しながらプロの技術を身につけられたり
今のニーズに合った教育が受けられる学科となっています!

そんな、学科の授業の制作風景はこんな感じです!

IMG_766800

真剣そのものです!

続いては

IMG_767400

こちらも、真剣にギターと向き合っております。
そして、最後は

IMG_765600

こちらもです!
本当に皆さまギター制作に真剣に向き合って、
切磋琢磨しているのがビシビシ伝わってきました!

では、そんな、制作に打ち込む生徒の方々にインタビューです!

それでは、宜しくお願いします!
本日インタビューに協力してくださったのは、
ギタークラフト科研究生の上山 海斗(ウエヤマ カイト)さんと塩田 豪俊(シオタ ヒデトシ)さんです!

–早速ですが、学校に入ったきっかけ教えていただけますか?

塩田)友人のギターを壊しててしまったのがきっかけです。
元々工業高校で物をいじることは好きだったんですが、ギターってどうやって直すんだ?
から始まり、どんな構造なのかなって興味をもつようになり、
もっと、もっとギターについて知りたいと思うようになったんです。

上山)ぼくも、似てます!高校生活の中で何かやることないかなと探していたところ
ギターに出会いやっていくうちに構造に興味もったんですよ!

–そうだったんですね、ギターについて弾く事にとどまらず、構造に興味をもったのがきっかけ
だったんですね、何だか、不思議な楽器ですよね、構造にまで興味持たせるなんて
そんな奥深いギターで憧れのギターってあるんですか?

上山)フェンダー・ジャガーです!
塩田)ギブソンES335です!

–即答ですね!ただ、すみません、勉強不足でどんなギターなのかわからないので
帰ったら検索したいと思います。。。
そんな即答のお二方に、この学校に入って成長できたことってありますか?

二人)もちろんです!

–取材班、あまりのふたりの清々しさがまぶしくて、聞く前から涙が、、、

塩山)自分だけでなく、周りの方を認めれれる事ができるようになったということが大きいと思います。
昔は、自分以外を認めないぞという変な気負いがあったりしたんですが、学校入って勉強していくうちに
周囲の方や友達を素直に認める事ができたのがほんと成長したなっと思います。

上山)そうだね、僕の場合は色んな年代の人とのコミュニケーション能力が向上したかな
この学校では、色んな年代の方と話す機会も多く、それを通じて自身が幅広い年代の方と
話す術を吸収するきっかけとなったと思います。

–さすが、さすがですよ!!!学校ってただ技術を学ぶところでなくて、人間としても大きく、、、
って、取材班の話しはさておいて、大きく成長を感じられているお二人の将来の夢聞いてもいいですか?

上山)世の中に多くの音楽を広めたいし、知ってもらいたと考えています。
音楽っていろんなジャンルもあるし、アーティストの人も多様なので、
その方々が世に出るお手伝いをしていきたいです!
音楽によって人と人とをつなげていきたいです!!!

塩田)今、現場に出ていろんなことを経験させてもらっている中でやっぱり、
楽器使う方のニュアンスなんかは、作っている人や携わっている人にしか伝わらないことも
多いと思うので、そういった所でもお役に立てたらと思っています!
なにより、音楽業界に携わって働いていきたいです!

–お二人、、、ブラボーです!ぜひ、これからも夢に向かって走って、そして奏でていってください!!!

〆(まとめ)

今回取材でESPミュージカルアカデミーアカデミーの工房で
皆さまみて、取材させていただいて感じたことですが、
楽器は生き物です!
作る方の思いや魂がそこには宿っているんだなと思いました。
人間と楽器という生き物との対話が音楽で、だから心に触れるんだなっと
少し、かっこよくまとまったところで、

この夏、まだ、間に合います!
魂のイベント學展にぜひ、遊びに来てください!!!
チケットまだ間に合います!

Click Here !!
▽《學展楽しみ方ガイドマップ》▽
日本語> http://www.gakuten.jp/LP/index.html
English> http://www.gakuten.jp/LP/en.html

學展楽しみ方 !!【ガイドマップ】

▼「真夏のデザインフェスタ “學展” 8/8・9」の出展申込み
http://www.gakuten.jp/apply

▼ご来場者さん!チケット購入はこちらから
http://www.gakuten.jp/vguide/ticket

 

 

學展の開催概要はこちらから >