blog

top > 學展blog

2015.2.27 (Fri)

日々のこと

突撃学生インタビュー!!『京都造形芸術大学』Part①

學展vol.1に出展してくれた学生さんと學展vol.2に出展予定の学生さんに
學展での思い出や意気込みをお聞きする突撃インタビュー企画!

記念すべき第1弾は、京都造形芸術大学に行ってきました!

1

京都左京区瓜生山にあり、数々の著名なアーティストを輩出している
歴史ある大学です。

2

どーどーん!!

うわさの正面入口の大階段!
毎日上り下りするだけ足腰鍛えられそうですね…。

…はい、そして今回お話を聞いたのは、同校キャラクターデザイン学科の
中優海(なかゆうみ)さん!

3

大階段の上で撮影しちゃいました。
(寒い中ありがとうございます!)

學展vol.1に出展した経緯から、今後の制作についてお話を
聞いてきました。お答え頂いたアンケートをご覧頂きましょう!

Q1:學展を知ったきっかけは?

A1:元々デザインフェスタの事は知っていて、出たいなあと思っていた時に
友人から、新しい學展というイベントの事を聞いて、デザフェスよりも同じ
学生アーティストがたくさんでるなら!と思い出展を決めました。

Q2:出展して良かった事や工夫した事は?

A2:他の出展している人たちの作品を見ることができて、自分にはない視点で
作られているものを見れたことはとても刺激になった。多くの人に見てもらえる
事で反省点や、自分のいいところを見つけられました!

Q3:學展で成長できたことは?

A3:視野が広がり、ものづくりに対してますます貪欲になった!

Q4:學展への改善点や要望を教えて!

A4:まだデザフェスよりも知られていないので、もっと多くのひとに知って欲しい!
小規模でもいいから関西でも開催して欲しい…

Q5:将来の夢は?

A5:作家!

學展出展をきっかけに自分のいいところを見つけられたとのこと私ども學展スタッフも嬉しい限りです!
普段とは違う環境で作品を目にしてもらうことで
中優海さんのいうように視野を広げることができるのだと思います。


また中優海さんはキャラクターデザインをグッズに展開しており、その作品はもはやプロ!
そのキャラクターからは、彼女の明るさと可愛らしさが見て取れます。

4

第二回目の學展へも出展を申し込んでくれた中さん。
(実は昨年の11月のデザフェスにも参加してくれてました!)

更にパワーアップした彼女のキャラクター作品に期待大です!

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか。
第1回學展に出展していただきました中優海さんへの
突撃インタビューでございました。

次回の突撃インタビューでは同じく京都造形芸術大学の
情報デザイン学科の「ひみこ」さんをご紹介させていただきます。
ぜひお楽しみに!

第二回目となる學展2015は今年8月8日・9日に開催です。
何かを学び・挑戦する人が自由に発表できる場所、それが學展です。

現在も出展募集中ですので気になる方はこちらをご覧ください!

學展の開催概要はこちらから >