blog

top > 學展blog

2015.2.28 (Sat)

日々のこと

突撃学生インタビュー!!『京都造形芸術大学』Part②

學展vol.1に出展してくれた学生さんと學展vol.2に出展予定の学生さんに突撃インタビューを行ってます!

今回はその第二弾!
前回の京都造形芸術大学の中さんに引き続き、
同大学、情報デザイン学科のひみこさんへのインタビューの様子をお送り致します!

 前回の中さんへのインタビューの模様、
『突撃学生インタビュー!!『京都造形芸術大学』Part①』
http://www.gakuten.jp/blog/interview-kyotozoke

この日は卒業制作の真只中で、忙しい時期に取材に応じて頂き
本当にありがとうございました~。

ひみこさんは、第二回學展に出展を申し込んでくれており、
現在の制作についてや、8月の學展でやりたいことなどを話してくれました!

ではインタビューの様子ご覧ください。

Q1:まず學展を知ったきっかけは?

A1:デザインフェスタを知っていて、昨年のデザフェスに遊びにいった時に學展の事を知りました。

Q2:どんな作品を作っているの?

Q2:脳内イメージを、空間に表現しています。
脳内にある「かわいい」を色や感触、音楽などと合わせて
インスタレーション表現をしています。

Q3:今度の學展ではどんな表現をするの?

A3:「私」をテーマにした題材を絵、映像と共に表現し、
絵、映像、モデルの全てを含めて一つの作品をブースの空間で作り上げます。

Q4:将来の夢は?

A4:エンターテインメントな作品を発信し続ける制作者!

學展で「私」をテーマにした作品を発表するとのこと!
自分で自分自身を表現することって難しいですよね。
學展当日が楽しみです。


そんな、ひみこさんの作品はこちら!

himiko_2 突撃学生インタビュー!!『京都芸術造形大学』Part②  學展ブログ

自分に合う表現を見つけ貫いているひみこさん。

himiko_1 突撃学生インタビュー!!『京都芸術造形大学』Part②  學展ブログ

「自分の表現方法って、これでいいのかな?
でも多くの人に見てもらいたいなあ!」と語る。
悩みに悩んでぜひ納得いく作品をつくり上げてもらいたいです。

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか。
作品の見せ方にまで意識を向けた素敵な學生さんのインタビューの様子をご紹介させていただきました。
次回の突撃インタビューでは『京都精華大学』の學生さんをご紹介致します。
お楽しみに!

ジャンルや枠にとらわれず、挑戦している方、
第二回目の學展2015は今年8月8日・9日に開催!

學展は全ての「表現したい!」を自由に発表できる場所です。
初めての展示、グループ展なども大歓迎です!

気になる方はこちらをご覧ください!

學展の開催概要はこちらから >