blog

top > 學展blog

2015.7.15 (Wed)

日々のこと

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

みなさんこんにちは。
アイスを愛す女、めぐです!(わはは)

いよいよ夏本番!
旅行シーズンですね。
夏期休暇を利用して旅行する方もいると思いますが、
実はちょっとの遠出だったら週末だけでも簡単に行けるのをご存知でしたか?

ということで、7月上旬に行って参りました、北陸新幹線を乗って金沢旅行!
未だに話題になりつつのこちらの新幹線は、
東京駅から金沢駅までの所要時間、なんと最速達列車で2時間28分
速い!快適!便利!

そんなわけで今回の旅行で回って来たおすすめスポットをさくっとご紹介。
一泊二日もあればこんなに回れちゃうんです☆

北陸新幹線→金沢駅まで

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

北陸新幹線かがやき号で東京駅を出発!
11:10AMに金沢駅に到着しました〜。
七夕が近いということもあって、駅には短冊が!
私も「毎日HAPPY!」というなんとも曖昧なお願いごとをして駅をあとにします。

ちなみに移動はレンタカーです。そうすれば、ホテルに行って荷物を下ろさなくてもいいのでとっても便利☆

近江町市場

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

まずは腹ごしらえということで近江町市場へ!
ここでは新鮮な魚介類・野菜・果物等がお安く食べられるんです。
今回は食べ歩きがしたかったので、私は生ガキと、スイカと、コロッケと、ところてんと、豆乳ソフトを食べました ;D
海鮮丼のお店もたくさんあるので、がっつり昼食をとりたい方にもおすすめのスポットです!
大半のお店が日曜日には閉まってしまうので、ご注意を!

ところでウシのマーク・・・。

http://ohmicho-ichiba.com/

兼六園

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれています。
兼六園ホームページより

ひゃー!美しいですね!
金沢と言えば兼六園です。
どこを歩いても緑!普段ブルーライトばっかり浴びてる私にとっては楽園です。
季節ごとに色が変わるのも見物ですね。
園内ではお抹茶が頂けるお茶屋さんもあるので、時間をたっぷり取って満喫するのがオススメです。

兼六園に辿り着くまでの険しい坂道も一緒に楽しんでください〜。

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

金沢城

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

金沢城は前田利家の居城として知られ、江戸時代には加賀藩前田家14代の居城として利用されました。かつてこの地には加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊」がありました。金沢城は「石垣の博物館」と呼ばれるほどさまざまな時代の石垣を見ることができます。なかでも重要文化財の石川門は左右で積み方が異なるという変わったつくりになっているので必見です。重要文化財としてはほかにも三十間長屋が遺構として残っています。現在は金沢城公園として整備されており、五十間長屋河北門などが復元されました。また隣接する兼六園は、徳川家康と前田利家の曾孫にあたる前田綱紀がつくらせた日本を代表する大名庭園です。
攻城団より

海鼠(なまこ)壁と鉛瓦が特徴な金沢城は、広大な庭園の中でもかなりのインパクトがあります。
一部有料の場所もありますが、基本は無料でじっくりと歩き回る事が出来るので、お隣の兼六園とセットでどうぞ。

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/

加賀市:山代温泉

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

金沢市から車でおよそ1時間。
日本海を眺めながらやってきたのは加賀市の温泉街、山代温泉!
ひっそりとしていて、何だか懐かしい感じ。金沢とはまた違う雰囲気が堪能できます。
周辺には薬王院温泉寺やはづちを楽堂などもあるので、ひと風呂浴びたあとは周辺をブラブラ散策するのも楽しいですよ。
ちなみに予約していた宿泊先もこちらに構える温泉宿です。

それにしても美しい夕日!
この日は空がピンク色でした。

というわけで1日目終了!

金沢21世紀美術館

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

2日目スタート!
前日の夜21:30に寝たおかげで6時には目が覚めたわたくし。
目覚ましなしでこんな早起き出来たのは何年ぶりでしょうか・・・。
というわけで宿をチェックアウトし、再び車で金沢にリターン。
着いたのはここ!そう!金沢に来たからには絶対見逃せない、わたくしイチオシのスポット「金沢21世紀美術館」でございます!

円形の建物を囲むのはまたしても緑!金沢は緑が多くて癒されますね〜。
遊べる作品もあるので、お子様連れのご家族にもぴったりです☆
しかも多くの東京の美術館と違い、ここでは写真OKなスポットがたくさんあるのです!
わたくしもおなじみのレアンドロ・エルリッヒ作の「スイミング・プール」で記念撮影しちゃいましたよ!

ちなみに現在(2015年7月15日)の展示はこちら!
われらの時代:ポスト工業化社会の美術
2015年8月30日(日)までです。

概要
いつの時代にあっても、時が経てば、自ずと「コンテンポラリー(同時代)」が変わります。同時代の美術を対象とする金沢21世紀美術館も開館してから10年が経ちました。これを機に、「ザ・コンテンポラリー」と題して改めて美術の今を問い直す3つの展覧会を開催します。本展はその第一弾として日本に焦点をあて、主に2000年以降に活躍する作家10人(組)をご紹介します。
キーワードは「関係性」「日常」「メディア」「ヴァナキュラー」です。日本はいま、自動車産業や建設業といった工業を中心とする社会からサービス業や情報産業へ軸足を移した社会へと変化してきています。また、少子高齢化や地方の疲弊の進行、孤独死の増加といった新たな社会問題が生まれる中で、その緩和や解消の方法のひとつとして「つながり」をつくろうとする試みや、「地域」の魅力を再評価しようとする動きも強まっています。一方、SNSやスマートフォンによる常時接続の普及など個人メディアが刻々と発達と進化を遂げる時代でもあります。本展ではこのような今の日本の姿を「ポスト工業化社会」という言葉で表しました。こうした時代に生きる10人(組)の作品を通じて、今の美術を探ります。
金沢21世紀美術館公式ホームページより

まさにマーシャル・マクルーハンが「メディアはマッサージである」で論じたメディア社会の完全現代版!
進化し続けるメディアテクノロジーのおかげで、より瞬時に情報が得られる今では、受け手と送り手の区別さえも難しくなってきています。
そんな現代社会特有の問題と魅力を表現した作品は、現代を生きる我々だからこそ面白い!と感じるものばかりです。

https://www.kanazawa21.jp/

ひがし茶屋街

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

一泊二日の金沢ぶらり旅:おすすめ観光スポット

浅野川の東岸に位置する「ひがし」は、文政3年(1820)犀川西岸の「にし」とともに公許され、形成された茶屋町です。街路に面して、一階に出格子を構え、二階の建ちを高くして座敷を設ける「茶屋建築」が連なっています。
京都・祇園の茶屋町と並び、これら江戸時代後期から明治初期にかけての茶屋建築がまとまって残されている「ひがし」は、日本の華麗な茶屋文化を今に伝える貴重な町並みです。
いいね金沢公式ホームページより

まるでタイムスリップしてしまったかのようなこの町並み!
どこを撮っても絵になります〜。
浅野川沿いを歩くのもおすすめです☆

http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_search/spot.php?sp_no=85

〆(まとめ)

ここまでお付き合い頂いたみなさま、どうもありがとうございました!
一泊二日もあれば、6カ所も軽々と回れちゃうんですね〜。
各スポットの滞在時間も少なくて2時間程だったので、せかせかせず、ゆっくりと回れました!
ちなみにお土産を買う場合は最後の金沢駅でがオススメです!
一カ所でお買い物が出来るので、とても便利です。

皆様も是非週末を利用して、家族・友人・恋人・もしくは一人で旅に出かけてみてはいかがでしょうか?
旅での出会いや発見は一生の宝物になりますよ。

出会いや発見と言えば、8月8日(土)&9日(日)に開催される學展でも同じ経験ができますよ!
アート・音楽・ショー・お買い物・食べ物大好きという方。
色んな人と話して、交流の輪を拡げたいという方。
東京ビッグサイト西2ホールへレッツゴー!

詳細はこちら:
http://www.gakuten.jp/LP/index.html

Until then☆ぐっばーい!
めぐ

學展の開催概要はこちらから >