blog

top > 學展blog

2015.4.05 (Sun)

日々のこと

突撃学生インタビュー!!「東京工科大学写真部」

學展vol.1に出展してくれた学生さんと學展vol.2に出展予定の学生さんに

突撃インタビューを行ってます!

本日は、東京工科大学の写真部へ突撃してきました~

ここは、西東京の八王子です。そして、

突撃学生インタビュー!!「東京工科大学写真部」

どぅーーーーーーーーん!!

な、なんて広い学校なんでしょう…

八王子の山々を見下ろすようにそびえ立っております。

まるで宮殿のような校舎です。(極小校舎に通っていた私はただただ驚きでした)

どぅんっ!

突撃学生インタビュー!!「東京工科大学写真部」

 

はい、新・廣實部長さんの登場です!左は元部長の宮脇さん、右は城戸さん。

(この日は春休みだった為、閑散としている中で、ポーズを強要してスミマセン…)

この写真部、なんと学校創立時からの伝統的な部なのです!

そして部員も50名ほどいるとか!

実は先日もデザインフェスタギャラリー原宿で展示をしてくれました!

http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2015/03/east-301304.html

先輩から後輩へ脈々と写真愛を受け継いでおります。

そんな学校の中でも活発な写真部に色々とお話を聞いてきました。

Q1 :學展を知ったきっかけは?

元々、デザインフェスタに出展しており、學展も出てみよう!という事で出展を決めました。

Q2:どんな作品を出展したの?

モノスク(モノクロ+スクエア)をテーマとし、各々の個性を活かした写真を展示

Q3: 出展して良かったこと、工夫したことは?

他の人が同年代だったので、色々と話せたりできたことがよかった!デザインフェスタとは違い、気楽に出展できるのが魅力。

Q4 :學展に出展して成長できたことは?

モノスクという縛りを設けて、コンペティション形式で作品を発表でき、新しい挑戦を試せたこと。

Q5 :學展への改善点や要望を教えて!

交流する場所、交流ブースや当日以外でのイベントを増やして欲しい!

Q6 :将来の夢は?

宮脇さん:夢はたまちゃんのお父さん!

(注:ちびまる子ちゃんのたまちゃんの父のように家族写真を毎日のように撮って楽しみたいとのこと。)

城戸さん:雲みたいになりたい!

(注:様々な形へ変化でき、柔軟に泳ぐように生きていきたいとのこと。)

廣實さん:一人旅をして廃れていく場所を撮りたい!そこの空気や想いを写真で伝えていきたい!


突撃学生インタビュー!!「東京工科大学写真部」

途中から、可愛いカメラ女子の河野成美さん(左)も参加してくれました!

(左から、河野成美さん、城戸雄大さん、廣實佑真さん、宮脇巧真さん)

突撃学生インタビュー!!「東京工科大学写真部」

〆(まとめ)

最後に写真の魅力について聞いてみると、

数学的でロジックな規則を楽しむ宮脇さん。日常の記録として感覚的に写真を楽しむ城戸さん。

素直に自分の感覚が出るところが魅力と廣實さん。

皆、考えや好みは違えど、写真(カメラ)が好き!という想いは皆同じ。この写真部で出会えた仲間たちは

一生の仲間と語ってくれました河野さん。

好きな事を通じて知り合った友との絆はかけがいのないものですね。

 

競うわけでなく、個々が挑戦・実験出来る場所!

それが、學展です!

第二回學展は2015年8月8日(土)・9日(日)

何かを学び、何かに挑戦をしている方なら誰でも参加が可能です。
また自分の表現や作品を人に見せたいけど、こういうイベントは初めてという方も無審査で参加が可能です。

同じような環境、状況の仲間が全国が集う真夏のアートイベントで、きっと新たな発見・新たな成長がきっとあるはず!

皆様の参加を心よりお待ちしております!!

學展とは?
前回の様子
學展出展ガイド
學展出展お申込み

學展の開催概要はこちらから >