blog

top > 學展blog

2014.9.29 (Mon)

日々のこと

学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた

0 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

こんにちはよねちゃんです。

ブログ”芸術の秋 – 有名美大・専門学校の芸術祭スケジュールまとめで紹介しました学校以外にも9,10,11月は学園祭が目白押し!
そうです!学園祭の季節がやってきたのです。

[藝祭2014]やっぱり凄い!藝大生の本気が炸裂!“に続きまして学園祭紹介第二弾目は”日本デザイナー学院”です。
http://www.ndg.ac.jp/

こちら日本デザイナー学院は私、よねちゃんの母校であり
DTPの技術、デザインとは何たるかをしっかりと教えて頂きました。

それでは早速学園祭の様子をご覧ください。

日本デザイナー学院到着

1 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

私が日本デザイナー学院にお邪魔させて頂いたのが午後4時頃。
学園祭終了1時間前に到着したにも関わらずまだまだ多くの方がワイワイと賑わっておりました。

まずはお世話になった丹下先生の元へ!

2 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

実はデザインフェスタへの就職はこちらの丹下先生からの紹介がきっかけなんです!
在学中、就職関係でとってもお世話になりました。

福島のぶどうとマスカットをごちそうになりながらの記念撮影。
このぶどうとマスカットが皮ごと食べてしまうほどほんとに甘くてみずみずしくておいしいんです。

丹下先生の手に持つ笑顔の素敵な傘や賑やかな背景。
気になりますよね!

3 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

壁一面ずらーっと!
色とりどりのお皿で彩られております!

天井もこの通り!

4 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

5 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

こちら”ふくしまっ子100,000人笑顔プロジェクト”という企画で

東日本大震災から3年、福島県の小学生10万人が、巨大な笑顔を描く!
ふくしまっ子小学生10万人が全長50mの巨大な笑顔を描くプロジェクト。
世界中に向けて、ふくしまっ子の笑顔の力をメッセージします!

をコンセプトに福島の子供たちが描いた笑顔の絵を集めて大きな笑顔を作ろうというもの。

ふくしまっ子100,000人笑顔プロジェクト公式Facebook

こちらがそのお皿たち。

6 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

子供たちの元気の良さが伝わってきます!
こんな素敵な笑顔が1,2階の壁にずらーっと埋め尽くされておりました。

卒業生作品

続いては展示されていた作品を見ていきましょう!

一線でご活躍されている日本デザイナー学院卒のデザイナーさんたちの作品です。

7 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

8 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

こちらのポスターやCDジャケットみたことのある方も多いことかと思います。
いつか私も学校が誇れる卒業生になる為に頑張らなくては!

在校生作品

次に在校生の作品をご覧下さい。

13 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

デザインをプレゼンする上で重要なコンセプトボードも準備されており、しっかりとコンセプトの伝わる展示でした。
一部ではありますが作品をご覧下さい。

9 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

12 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

日本デザイナー学院はグラフィックデザインだけではなく、イラストレーションや漫画科もあり作品のクオリティもとても高く、思わず漫画を小一時間読み込んでしました。

11 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

10 学園祭にいこう!日本デザイナー学院『NDG&NPI GAKUENNSAI』にいってみた 學展ブログ

イラストやグラフィックデザイン、映像に立体などなど。
様々な方法でアウトプットされており見応えの展示でした。

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

グラフィックデザインにイラスト、映像、WEBに漫画やカメラ。
それぞれの分野を学ぶ方に刺激を受けながらデザインを学べる環境です。
ご興味がある方はぜひ日本デザイナー学院の公式サイトをご覧下さい。

日本デザイナー学院公式WEBサイト

學展の開催概要はこちらから >