blog

top > 學展blog

2015.6.06 (Sat)

日々のこと

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

 

みなさん、こんにちは!ユージです!!

昨日のノート特集に引き続き、今週は文具特集を投稿しております!
本日は、世界最高峰の技術力を誇る工業大国、ドイツ製のボールペンを紹介してみたいと思います。

ドイツブランドは性能はさる事ながら、そのデザイン性もピカイチ!
その分お値段が張るものもありますが、ここぞというデザインを描く時には、きっと心強い味方となってくれることでしょう!

余談ではありますが、私1番好きなサッカーチームはバイエルンミュンヘン!
好きなお酒はもちろんビール!!
好きなお酒のお供はもちろんソーセージ!!!
今行きたい場所はもちろんベルリン!!!!

と、ドイツ愛に満ち溢れております!

 

。。。話がそれましたので、本題に入りたいと思います!!

 

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

・MONTBLANC(モンブラン)

MONTBLANC(モンブラン)は、1906年にドイツで創業した高級筆記用具メーカーです。
きっかけは2人のドイツ人が旅行先で見つけたインクタンク内蔵式の万年筆でした。
それに感銘を受けた彼らは、ドイツで万年筆の製造販売を手がける会社を始めました。

1909年に創業者の会合で「モンブラン」の名が生まれ、その後に製造される筆記具全てに使用される様になりました。
1913年には、モンブランのブランドシンボル「ホワイトスター」が生まれました。

これは、ヨーロッパ最高峰の山、「モンブラン」の万年雪をイメージしており、このマークを冠した製品は、ヨーロッパ最高品質であるということを象徴しています。

・公式ホームページ
http://www.montblanc.com/ja-jp/home.html

 

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

・LAMY(ラミー)

1930年、ドイツの美しい古都ハイデルベルグに設立されたラミー社は、そのユニークなデザインでドイツのみならず、世界中の筆記具市場に新風を吹き込みました。ラミーの商品は自社専属デザイナーにこだわることなく、世界中の様々な分野のデザイナーとのコラボレーションによって開発されており、これまでにたくさんのデザイン賞を受賞しています。

・公式ホームページ
http://www.lamy.jp/

 

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

・Pelikan(ペリカン)

万年筆の老舗ブランドで知られるペリカン社は、ドイツ人化学者カール・ホルネマンが絵具とインクの工場を設立したことが起源。その後、インクのトップメーカーとして世界中に知られる存在となり、1929年には初の万年筆が誕生。この時に開発された吸入メカニズムは画期的な精度で、ペリカンは万年筆ブランドとして一躍注目を集めるようになります。現在もその基本スタイルが受け継がれる「スーベレーン400シリーズ」など、数々の名品を制作し万年筆の黄金期を支えました。

・公式ホームページ
http://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.CMS.displayCMS.85207./home

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

・STAEDTLER(ステッドラー)

・1835年、ドイツ・ニュールンベルグにヨハン・セバスチャン・ステッドラーが、産業革命によってもたらせた鉛筆製造工場を設立。

・公式ホームページ
http://www.staedtler.jp/

 

 

 

ゲルマン魂の精密さ!メイド・イン・ドイツのおすすめボールペンブランド5選!!

・FABER-CASTELL(ファーバーカステル)

1761年、ドイツ・ニュルンベルク郊外の街シュタインで生まれたファーバーカステルは、現存する世界最古の製造業として、世界で初めて鉛筆を製造販売したメーカーとして、世界120ヶ国以上で愛用されている画材・筆記具のリーディングカンパニーです。

・公式ホームページ
http://www.faber-castell.jp/23590/default.aspx

 

〆(まとめ)

いかがだったでしょうか!?

ドイツは自動車メーカーなど有名企業も数多くあり、細かい手仕事や職人気質な点は、日本と似通った部分も多くあると思います。
こだわりのある製品を作りだす精神こそ、日本人がドイツ製を好む理由なのかもしれません!

今回紹介しましたブランドは高級品もございますが、比較的安価に購入できるシリーズもありますので、文具店で見かけた際は是非とも手に取って試してみてください。

職人による手仕事の逸品で、素敵なデザインを!
(8月8日・9日の2日間、『學展』を開催しますので、そこで皆様の素敵なデザインを是非披露してみましょう!現在、出展者様を募集中でございます)

・學展ホームページ
http://www.gakuten.jp/

 

以上、ユージでした!!

學展の開催概要はこちらから >