blog

top > 學展blog

2014.7.20 (Sun)

日々のこと

第5回學展交流会レポート!!!

k1

學展では8月のイベント開催に向けて、出展者同士の交流を深めるべく
事前交流会を数回に渡り企画しております。
今回は( 2014.07.19 SAT )に行われた
第5回學展交流会の様子をご紹介します。

k2

k5

交流会毎に毎回びっくりするのは、その参加者数の多さ!
今回の交流会も7,80名の参加者が集まりました。
デザインフェスタギャラリーでは1フロア全てをを貸し切っていましたが
それでも熱気は他の階にも、館外にももれ出るくらい。

k3

k4

學展交流会では、交流会の場所を提供するだけでなく、
作品/ポートフォリオを飾る場所も用意しています。
「どんな人が作っている」
「どんな作品を作っている」
なんだっていいんです。
自分に興味を持ってもらえること。
そして誰かに興味を持つための機会を提供したい。

k6

學展への出展資格は、学生だけでなく
カルチャースクールなどで学んでいる方も対象とはなりますが。
やはり若い学生さんが多く見受けられます。

しかし、学生さんもすごいですよ。
多分、誰かに教わったわけでもなく、
初めて出会った方と会話を交わして、
名刺交換をして、コミュニケーションを行う。
こんな光景が普通に、至る所で行われている。

「友達百人できるかな?」
じゃないけど、學展を通じて、
新たな出会いや前に進むきっかけを見つけることができたなら。
私達スタッフも嬉しいし、是非、教えて欲しい。

k7

ご覧あれ、この交流会で初めて出会った人と
こんなに良い良い笑顔になれてしまうのです。
皆さん、本当にすごいと思う。
そして、こんなに凄い人達が學展に出展するんですよ!

写真見てるだけでワクワクしませんか?
彼等が、彼女たちがどんな作品を作るのか?

k8

さて、突然ですが舞台は数時間前に遡ります。
今回の學展交流会では新たに2つの催しを企画しました。
1つ目は『シルクスクリーン体験』
なんと學展が用意した版とインクを使用して
無料で持ち物にプリントできちゃう企画!

k9

學展のグラフィック部門を担当する石田(写真手前)が
直接指導しながら、行われました。
作業上の注意事項や道具の説明。
一人一人、順番に作業を進めて行く様子を
参加者全員が固唾をのんで見守る。

k12

k10

今回参加された出展者さんはほとんどがシルクスクリーン初体験!!
だけど作業に移行すれば、皆目つきが変わる。
そう、ジャンルは違っても全員がアーティストなのです。

さぁ、どう刷り上がったのか?

k11

じゃーん!完成しました!
皆さん、しっかりと學展のロゴがプリントできてますね!

実は學展ロゴのバッグやらTシャツはスタッフも持っていないくらいレアです。
激レアです、自慢しちゃってください!

k13

そして、一枚刷り上がる毎に歓声があがった「シルクスクリーン体験」の横では
血に飢えた狼達が円卓を囲んでいたのだ。

學展交流会企画2つ目は『人狼ゲーム』

参加者の中に一匹紛れ込んだ狼をプレイヤーで吊るし上げればプレイヤーの勝ち
吊るし上げられることなく、プレイヤーを全て倒せば狼の勝ち
そんな疑心暗鬼になるゲームを同時開催していたのだ。

k14

iPadのアプリケーションを使用して行われる『人狼』
このゲームでは人をだますことに長けた人物が有利である。
こんな生臭いゲームを提案したところ、
勇気ある學展出展者が集まってくれた。
ここで礼を言いたい。

しかし、なぜか、いや必然か。
超盛り上がっていた。超楽しんでいた参加者達。
盛り上がりすぎて、シルクスクリーンを指導していた石田よりクレームが入った。
いいのだ、皆、楽しもう。
楽しんだもの勝ちなのだ、人生も、學展も。

そして「人狼ゲーム」においてはとあるプレイヤーが大活躍してくれた。
紹介しよう。

k16

彼が人狼ゲーム開始の直前で、遅れて会場入りした
エホンオカミ」氏である。@學展L-208
なお、彼はこのままの姿で会場入りしている。
そして、耳がぴくぴく動く。

スタッフ一同、そして参加者一同
「やられた」
そう思ったに違いない。
「學展交流会、めっちゃ楽しもうとしている」と。

シルクスクリーンに参加された小西さんのTシャツ
k17

と、ここまで文章を書いている自分自身、
文章内容はこれでいいのか?と悩んではいるが、
「それでいい」と賛同してくれている読者が多数居ることを信じている。

交流会に参加された皆様の笑顔や笑い声に触れられて、
學展やってて良かったなと思う。
まだ學展当日を迎えていないのにね。

– – –

學展は今なお学び続ける人たちが主役のアートイベントです。
出展されるも来場される方も、隅々まで學展を楽しんで欲しい。
デザインフェスタでは行われていない試みが學展では沢山行われます。

2014年8月9(土)10日(日)
真夏の二日間、學展。
東京ビッグサイト東6ホールでお待ちしています。

チケット情報はコチラ

(髙橋)

學展の開催概要はこちらから >