blog

top > 學展blog

2015.6.20 (Sat)

日々のこと

【学校突撃訪問!】~多摩美術大学絵本サークル編~

こんにちは!

本日は、多摩美術大学の絵本サークルの皆さんに突撃してきました~
ここ、多摩美の八王子校舎は広い、広い、緑豊かな山々に囲まれ空気が澄んでおり、
制作に打ち込むには最適な校舎なのであります。

【学校突撃訪問!】~多摩美術大学絵本サークル編~

 

絵本創作研究会は、非常に歴史あるサークルとの事。今の部長はなんと44代目!
50名~60名が所属する、本サークルの中で、今回4人で學展に参加する皆さんにインタビューしてきました!

【学校突撃訪問!】~多摩美術大学絵本サークル編~

右からグラフィックデザイン学科3年の奥川莉帆さん、絵画科油画専攻3年の小池有乃さん、絵画科日本画専攻3年の市川千晶さん。

専攻は皆違うけど、絵本好き同士で展示できるのっていいですね~
絵本制作においては、製本まで自分たちで行うとのこと。
先輩から色々と教えてもらったり、自身で調べたり、一冊の絵本が出来上がるまでの過程で色々な技術が身に付きそうですね!

さて、インタビュー内容はこんな感じです!↓↓↓

Q1:學展に参加しようと思ったきっかけは?

元々、デザインフェスタに参加していたのですが、今年の夏にも展示したいよね〜みたいな話をしていて、ちょうど時期的に學展がぴったりだったので出ようと決めました!

>そうそう、夏休みの時期って大切ですよね。長い夏休みが取れるのも今のうち!制作に打ち込むのもよし、旅行に行くのもよし、はたまたインターンなどを経験するにもいい期間ですよね!

Q2:どうゆう時にストーリーとか、インスピレーションみたいなのが湧いてくるの?

市川さん:私は、夢で見た事の中で記憶に残っている事とか、印象に残った事を元に話を作ります。

小池さん:散歩している時とか、リラックスしている時とかに、ふっと湧いたアイディアやイメージを文章にしてます。

奥川さん:私は、ニュースとかテレビを見ている時に、影響を受けたものや、強く印象深い内容を元にストーリーを作っています。

>へえ~!!みんな三者三様ですね!きっと、出来上がった作品も皆世界観が違って面白そう!

Q3:學展ではどんな展示をするの?

皆絵本を作っているので、原画の展示や、頑張って絵本を増刷して販売も行いたいです!

>絵本って、小さい子どもから大人まで楽しめるから、きっと多くの方に手に取ってもらえるでしょうね!

Q4:今後の進路については考えている?

あぁ…(3人とも苦笑)そういう時期ですよね…
これから就職活動をしなくてはいけないんだけど、出来たら働きながらも制作は続けていきたい。

>就職しても、制作したいと思うのは、皆一緒ですね。一人ではなかなか難しいけど、こうやって出会った仲間とずっと繋がっていたら、モチベーションも継続できるし、お互い刺激しあいながら制作も続けていけると思います!

【学校突撃訪問!】~多摩美術大学絵本サークル編~

編集後記

昔、多摩美の芸祭に行った際(かれこれ10年ほど前ですが…)なぜか、誰かに生のサンマを投げられ、生臭いまま帰路した思い出(トラウマ)があります…

10年経って、多摩美の校舎を訪れると、とてもきれいになっており、緑豊かな自然の香りに癒されました。
制作に集中できる環境で、きっと自然からも多くのインスピレーションを得て、素敵な作品を作るんですね、多摩美生は。

嗚呼、学生に戻りたい…

まとめ〆

今回、取材をした絵本サークルは、学科・専攻を超え、絵本を通じて交流しています。

學展は、学校の枠を超えて「デザイン」「アート」といった共通項で交流が出来ます。
全国津々浦々、小学生から社会人学生、留学生まで、他の学生の作品を見てみたいと思いませんか!?

万国學生藝術展覧祭、その名の通り、万国の学生の為の展覧祭です!
まだ、ブースによっては申込が可能ですので、他校の学生と交流したいと思った、そこのあなた!

↓ ↓ ↓申込・詳細はこちらから~↓ ↓ ↓

■學展へ今すぐ参加!
http://www.gakuten.jp/apply

■學展の出展ガイド(ブース詳細など)
http://www.gakuten.jp/eguide/booth

 

學展の開催概要はこちらから >