blog

top > 學展blog

2015.6.01 (Mon)

日々のこと

学生突撃インタビュー!!~東京都市大学美術部~

みなさん、こんにちは!( ^)o(^ )

今日は、東京都市大学に行ってきました~尾山台の世田谷キャンパスです。

学生突撃インタビュー!!~東京都市大学美術部~

おおぅ!駅名にキャンパス名がつくとは…すごっ!

學展vol.1に続き、vol.2にも出展が決定している美術部の部室に遊びに行ってきました!

東京都市大学美術部

学生突撃インタビュー!!~東京都市大学美術部~

昭和の香り漂う部室…佇まいがまさに美術部!って感じです。

学生突撃インタビュー!!~東京都市大学美術部~

部長の眞弓さん(左)と副部長の仲野さん(右)に學展のポスターを掲示してもらいました。

都市大といえば、理工系の学部で有名ですが、理系学生とアートイベント!?

実は以外と學展には理系学生さんが多いんです!そこらへんのお話も色々と聞いてきました~

(上の写真の眞弓さんと、仲野さん、同学年の大和田さんにインタビューしました)

〇學展になぜ出ようと思ったの?

元々、デザインフェスタに美術部で参加していたんです!原宿のギャラリーでも定期的に展示会をしてます。先日のギャラリー展示の様子はこちら→■「青展」http://www.gakuten.jp/blog/aoten ■「pink展」 http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2015/05/pink.html 新しい學展というイベントにも興味があり、昨年から参加しました。

〇第1回目の學展はデザインフェスタと比べてどうだった?

學展では、初めて販売をしたんです。普段は絵画やイラストの原画、立体作品などを展示しているんですけど、學展では雑貨やポストカードを各々で作って販売しました!けっこう売れて、経験としてとても良かったです。あとはデザインフェスタとは違ってまわりが同年代なので、他の学生と話せたり、お互いの作品を購入したりできて、いい刺激になりました!やはり他の学校の方と話せたり作品見れたりする機会は中々ないので。

〇今勉強している事と、美術って結びついていますか?

元々、皆絵を描くことが好きだったりが共通してあるのですが、就職の事を考えて今の大学に進学をしました。もちろん、就職しても制作は続けていきたいと思います。
と話す皆さん。ふむふむ。

あとは、制作する時に使う道具やプログラミングをする時に、仕組みや構造を考えてしまうところは、他の学生と違って、理系学生ならではかもしれません(笑)と眞弓さん。

今後、立体作品などでは、知識を活かして電気を使った作品とかを作ってみたいです!と大和田さん。是非、理工系学生ならではのアート作品も見てみたいですね!

toshidaibijyutu5

アトリエで制作する美術部の皆さん。(カオス感たっぷりなアトリエです。世界堂の袋とディズニー缶は鉄板ですね。)

学生突撃インタビュー!!~東京都市大学美術部~

最後に、階段上から部長・副部長・部員という序列順(とてもフランクな関係)でパチリ。

〆(まとめ)

理系の頭脳を持ちながら、アートやモノづくりをするっていいですね!この日は理系男子のおもてなしを受け、心ときめいてしまいました( ̄▽ ̄)

学校や専攻のジャンル問わず、学び・挑戦する全ての人が参加できる學展。違う価値観や見たことない作風に出会える學展。さあさあ、真夏のデザインフェスタ・學展まであと2か月ちょっと!一緒に夏を楽しみましょう!


第二回學展は現在、出展者募集中です!

■學展の開催概要
http://www.gakuten.jp/about

■學展の出展ガイド(ブースの詳細など)

http://www.gakuten.jp/eguide/booth

■學展へ今すぐ参加!

http://www.gakuten.jp/apply

學展の開催概要はこちらから >