blog

top > 學展blog

2014.11.06 (Thu)

design festa, 生活

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

みなさんこんばんは!Web担当のさめちゃんです。

さぁ、いよいよ今週末に迫ったデザインフェスタvol.40!!

僕たちスタッフも準備に余念がありません。

今年は、デザインフェスタがスタートして20周年という記念年なので、スタッフも一層気合いが入っております。

そこで今回は記念すべきデザインフェスタvol.40の魅力と楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

デザフェス初心者の方のそうでない方も、是非ご覧頂ければと思います!

デザインフェスタとは

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

デザインフェスタは、プロ・アマチュア問わず、無審査で誰でも作品を発表できるイベントを作ろうということで、今では一般的なったハンドメイド系イベントの先駆けとして1994年から始まりました。

多くの出展者アーティストの方、来場者の方に支えられ、今年で20年を迎えました。

デザインフェスタの詳細はこちら→公式サイト
デザインフェスタの過去の様子はこちら→過去の様子


デザインフェスタvol.40の詳細

【会場】   東京ビッグサイト西ホール全館
【内容】   オリジナル作品展示・販売・パフォーマンス等
【アクセス】  アクセスマップはこちら(東京ビッグサイトのページに移動します)
【会期】    2014年11月8日(土)・9日(日)
【出展ブース】 3,500
【開催時間】  11:00 – 19:00
【出展者数】  11,000

デザインフェスタの楽しみ方

それでは、早速デザインフェスタの楽しみ方をご紹介していきます!

■楽しみ方その1:イベント全体編

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

デザインフェスタは東京ビッグサイト(国際展示場)で行われるイベントです。
そして、国際展示場の西館(1階と4階。2階3階に展示スペースはございません)を貸し切って行われるイベントです。

さらに会場内にはブースエリア(明るい・暗い・ライブペイント・ワークショップ、の4種類があります)、イベントエリア(ショースペース・ライブステージ・シアタースペース・レストランエリアの4種類)といったエリアがあります。

何が言いたいかというと、会場がひじょーーーーに広い!
う・え・に、
見所がたっくさーーーーーーーんある!ということです。

すなわち!オシャレは足下からというものの、革靴やブーツやヒール付きの靴などは、御法度!(個人差あります)

履き慣れたスニーカーがベターというわけです。

是非、デザフェスはスニーカーを軸に考えたオシャレをして遊びに来てくださいませ。

イベント全体編のおさらい

・会場は広くて、見所が満載!
・スニーカーなど、履き慣れた歩きやすい靴で会場全体を楽しもう!


■楽しみ方その2:ブースエリア編

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!2

デザインフェスタの魅力といえば、あらゆるジャンルの作品が展示されているブースエリア!

アクセサリーから立体作品まで、ありとあらゆるオリジナル作品が会場を埋め尽くす様子は圧巻です。

デザインフェスタに来たらまずは、このブースエリアに足を運んでください。

アーティストさんの熱気、魅力的な作品の数々に圧倒されること間違い無しです!

ブースの総数はその数約3500!1日では全てのブースを見ることは難しいかもしれませんが、是非チャレンジしてください。
きっと、驚きと発見、ステキな出会いがあるはずです!

ブースによってはパフォーマンスや、ライブ制作などを行っているブースもあるのでこちらもお楽しみください。

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

また会場4階の「暗いエリア」では、暗さを活かした作品が展示されており、こちらも大変魅力的なエリアとなっています!

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

さらにほとんどのブースで展示作品が購入できます!

人気のアーティストの作品は即完売ということもチラホラあるようで、基本的に他ではなかなか手に入れることのできない作品がほとんどなので、
迷ったら速攻で買う!が鉄則です。

ブースエリア編のおさらい

・デザフェスの神髄はブースエリアにあり!
・約3500ブースにアクセサリー、絵画、雑貨など様々な作品が展示・販売されている!
・ほとんどの作品が購入できる!
・ここでしか手に入らない作品が多いので、迷ったら即購入!が鉄則!
・故に小銭を多めに持参するとスマートに会場を回れます!


■楽しみ方その3:イベントエリア編

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

デザフェスの大きな魅力はブースエリアだけではございません!

ダンスやパフォーマンスを楽しむショースペースにはじまり、様々なジャンルのライブが繰り広げられる屋外に設置されたライブステージ、会場4F暗いエリア内のシアタースペース、国際色豊かな料理を堪能できる4Fのレストランエリア(屋外のライブステージ内、4F屋上にもケータリングカーがそれぞれ約10台ほどあります)といったスペシャルなエリアがあります。

つまり、イベントエリアも見逃さないで!ということです。

イベントエリアのタイムテーブル
出店レストラン一覧

各ステージごとに楽しみ方をご説明していきますと….

[ショースペース]

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

1F会場入り口から最初に皆様とお迎えするアトリウム(吹き抜けの1F部分です)に位置するこのショースペースは、会場からイベント終了19時まで常に何らかのパフォーマンス・ショーが行われるステージです。

正面のステージとそこから伸びた花道を使って、ファッションショーやアクロバティックなショー、コンテンポラリーなパフォーマンスまで様々な表現を間近で鑑賞することができます。

客席数は約300席!毎回立ち見となってしまいますので、タイムテーブルを事前に把握し、気になったパフォーマンスの前に席を確保することをオススメします!
※荷物だけを座席に置いての確保は禁止いたしております。発見した場合は荷物を座席下に移動致しますので、ご遠慮くださいませ。


[ライブステージ]

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

1F屋外に設置されたこちらのエリアは、様々なバンドが迫力あるライブを繰り広げる野外ライブステージです。

またエリア内にはケータリングカーも搬入しており、ライブを見ながら食事もできるという万能かつ満足度大のエリアです。

お台場の海風にあたりながらライブを楽しむなんて最高じゃあありませんか!

喫煙所もあるので、おタバコを吸われる方にもオススメの場所です。


[シアタースペース]

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

4F暗いエリアにあるシアタースペースは、映像作品や暗さを活かしたパフォーマンスを鑑賞することの出来るエリアです。

またエリアに隣接している巨大ライブペイントもお楽しみの一つ!

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

エリア内には軽食、ドリンクを販売する飲食店もあるので、まさに映画館のような雰囲気があります。


[レストランエリア]

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

会場4Fにあるレストランエリアには、世界の料理を堪能できる様々な店舗が出店しています。

また、先述の通り4F屋上、1Fのライブステージにもケータリングカーが多数出店しているので、是非色々な料理を食べ歩きして頂ければと思います!

ただ…お昼時はどこも大変に込み合います。
従って、時間帯をズラしてお食事することをオススメいたします・

イベントエリア編のおさらい

・イベントエリアにはショースペース・ライブステージ・シアタースペース・レストランエリアの4つがある!
・ショーステージはタイムテーブルを事前チェックで座席を確保!
・ライブステージは食事もできる!
・シアタースペースは暗いエリア全体を楽しめる映画館的スペース!
・レストランエリアは時間帯をズラして食事するべし!4F屋上、1F屋外にも食事できます!


おまけ

デザインフェスタvol.40、1F会場には「學展ブース」が設置されています!

學展スタッフ(デザフェススタッフ)が教える、デザインフェスタvol.40の楽しみ方!!

今年の學展の様子や、来年第2回の開催となる學展2015のお申込みスペースをご用意しております。

ちなみに第2回の學展2015は、デザフェスと同じ会場の西ホールで開催されます。
デザフェスの雰囲気そのままにパワーアップして開催されるので、是非奮ってご参加下さい!

さらに、デザインフェスタギャラリーの専用ブースもご用意しております。
こちらもギャラリー展示の様子や、ギャラリー企画展フライヤーも設置していますので、興味のある方はご自由にお持ちください!
ギャラリースタッフも常駐しているので、ギャラリーについての疑問点があればお気軽にお尋ねください。

〆(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

今週末のデザインフェスタは、大変混雑が予想されると同時に、今までにないほどの盛り上がりを見せること間違いないイベントになるはずです。

イベントを最大限に楽しむために楽しみ方をマスターして、最高の二日間をお過ごしください!

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

學展の開催概要はこちらから >