blog

top > 學展blog

2015.11.19 (Thu)

イベントレポート

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

みなさま、お久しぶりです。
グラフィックのめぐです。

先日、原宿のデザインフェスタギャラリーで「學展しゃべり場」を行いました!

學展しゃべり場とは?
學展出展者×スタッフを交えての意見交換場!
アートにまつわるあれこれや個人の悩み相談、今後のイベントの盛り上げ方などなど、
条件は「しゃべること」のみの企画でございます。

当初は18:30 – 20:30を予定していたのですが、なんと熱く語り過ぎたせいで気付けば23時近くに、、、
参加してくださった皆様、本当にありがとうございます!

それではその様子を写真を見ながら振り返ってみましょう。

① 「30 Circles」

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

まずは脳のウォーミングアップということで、参加者みなさまに「30 Circles」にチャレンジして頂きました。
「30 Circles」とは制限時間内に30個の円を埋めるというクリエイティブ・アクティビティです。
円を連想させる物であれば何でもOK!
簡単そうに見えますが、30個全部書き込むのは意外と難しいんです。
もしよければ下の画像を印刷して、皆さんもトライしてみてください。

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

制限時間は3分!終了後、学生さん+スタッフグループでディスカッションをしました。
あるあるネタからユニークな発想のものまで!
自由に描いてもらった甲斐あってか(?)某あんパンキャラの登場率がかなり高かったです。
中にはグループ全員がほぼ同じような物を書いていたというハプニングも・・・(まさかのカンニング?)

② フリートーク

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

ウォーミングアップの後はフリートーク!
「普段どのようにインスピレーションを得ていますか?」
「ものづくりを始めたきっかけはなんですか?」
「あなたは制作に対してチャレンジ派ですか?それとも極める派ですか?」
「5年後、あなたはどんな事をしていたいですか?」
といったトピックに参加者全員が熱く語りました。
また、学生さんの悩みにスタッフがアドバイスしたりと、互いにとって貴重な体験ができました。
中でも印象深かったのは美術手帖の編集者さんの
「大事なのは見た目よりもコンセプトがしっかりした作品」というお言葉。
自分の作品を通じて何を訴えたいのか。観客にどんなきっかけを与えたいのか。
見た目がキレイな物がありふれている世の中だからこそ、コアな部分のメッセージ性を大事にしようとのこと。
今回集まってくださった学生さんにはもちろん、私にも非常に響いたお言葉でした。

③ 学生さんと一緒にイベント打合わせ(!?)

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!

学生×スタッフが意見交換☆學展しゃべり場レポート!
しゃべり場後半は学生さんと一緒に、
来年開催の「真夏のDESIGN FESTA+GAKUTEN 2016」の盛り上げ方について話しました。
ぶっとんだアイデアはもちろん、リアルな運営・広報対策まで出るわ出るわ(恐るべし学生パワー)
その光景はもはやイベントの打合せと言っても過言ではないでしょう。
気付いたら付箋がメモだらけでした。
アイデア満載の付箋は現在3階オフィスにてビジョンボードとしてディスプレイされているので、
興味がある方は是非見に来て下さいね♡
また、ここで挙がった案は今後実際に応用していく予定ですので、
まだまだこんなアイデアがあるよ!という方は、是非次回のしゃべり場に参加してください☆

今回、初のしゃべり場に参加してくださった学生の皆様、
本当にありがとうございました!

〆(まとめ)

今回参加者全員の学歴・職歴・国籍・性別・年齢が様々であった事で、
アートの話はもちろん、政治・歴史・宗教の話など、
多様な価値観から生まれた会話がとても自由でオープンだったのが
個人的にとても嬉しかったです。

「學展しゃべり場」は12月も行う予定ですので、興味がある方はお気軽にご参加ください。
もちろん、参加費は無料です。
一緒にデザフェス+學展を盛り上げたいという熱い思いを持ったクリエイターさん、大歓迎です!
スタッフ一同お待ちいたしております☆

學展の開催概要はこちらから >