blog

top > 學展blog

2015.7.03 (Fri)

イベントレポート

先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】

先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】

こんにちは!セブンです。
東京ビックサイトで開催中(2015年7月1日~3日)<3日間>の第一回先端コンテンツ技術展行ってきましたー!
平日にも関わらず、めちゃめちゃ盛況でしたよ!

ということで、本日はフォトレポートです。
早速いってみましょー。

先端コンテンツ技術展?

クリエイティブ産業と最新技術をむすぶ見本市

コンテンツ系専門見本市において、この1~2年、CG、モーションキャプチャー、ドローン、ヘッドマウントディスプレイ用の最新技術に大きな注目が集まり、来場者から、「もっと多くの最新コンテンツや技術に触れたい」といった声が多く上がりました。
そこで、先進的なコンテンツ技術を持つ企業・団体が一堂に出展し、クリエイターやプロダクション、企業やレジャー産業などの来場者に向けて、プレゼンテーションをできるイベント「先端コンテンツ技術展」を開催。

※エンターテイメント系拡張現実、インタラクティブ技術、高臨場感映像技術、立体音響、ロボット技術、3Dプリンタ、立体造形

実際に他の展示会に比べても、企業やクリエーターの注目度が高く、一番盛り上がっていましたよ。

では、まず講演内容から・・・

ライゾマティックス真鍋大都 国際講演

先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】

以前からこのブログでも何度かご紹介している、Perfumeやオリンピック招致のテクノロジー演出で世界的に有名なライゾマティックス真鍋大都さん。

まだ読んでない人はcheck it out !!

▷世界中がザワメク!超越したプロジェクションマッピングベスト7【応用編】
▷日本のトップクリエーター!デジタルインスタレーションの世界

講演内容【Perfumeのライブ演出、オリンピックの招致映像…世界を圧倒させる表現はどのように生まれたか?】

エンターテイメント、アート、広告、舞台、ファッションなど、あらゆる創造分野で、誰も見たことがない作品を生み出し続ける真鍋さん。

冒頭は発想の根源ということで、プログラムを組むように今迄の経歴を説明してくれました。キャリアや実験が次の仕事を産み、そこから試行錯誤するというシンプルなやり方。
同じチーム編成で制作し、大掛かりな仕掛けを作るときは一ヶ月の合宿をするそうです。しかもそこではオーダーにはない数個のプロジェクトを試し、たたき台にしておく。それがいずれ仕事につながってくるというやり方でした。

中盤から終盤にかけては、PerfumeのSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)・紅白の具体的なライブ演出と、オリンピック招致映像に使用したフェンシングのマーカーについての内容。
特にドローンを使う制御には様々な過程があり、とても苦労したと話していました・・・。

具体的な制作過程やツールを映像を交えて細かく説明していて、来場者皆さん釘付けでした。

次に、お待ちかねの展示会です・・・

先端コンテンツ技術展 展示会場

先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】
バーチャルリアリティを使った、次世代型のゲームや車、バイクの体感ができました。
今一番注目されている分野ではないでしょうか?
ヘッドセットとヘッドフォン、更には動くイスも連動し、風も扇風機で送る。
見ているだけではピンと来ませんが、乗った人は誰しも大興奮でした。

 
先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】
ヒューマン系のアンドロイドロボットと、ロボットアームを使った撮影の展示。
アンドロイドは株式会社エーラボさんが出している、ASUNAという受付嬢。ヤバい完成度です・・・。驚きなのは目が合うことw
ドイツのロボットメーカーであるKUKAロボティクスジャパンからは人の腕と同様の感覚で作業ができる7軸ロボットの展示。人と接触した際はすぐに停止し、安全を確認した後は迅速に再稼動が可能。

 
先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】
個人的にめっちゃ楽しんでしまいました・・・
顔を認識して、歌舞伎の隈取りが出てくるものと、顔を取り込んで様々なパーツをつけてモーションするアプリです。以前のタイプよりもずっと精度が上がってきています。
アメリカ大統領の顔が・・・

 
先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】
身体のポイントにマーカーを埋め込んで、全身を取り込みキャラクターを動かすことができます。アバターの動きもほぼリアルタイムで、これまた精度が上がっています。
アニメーションもモーキャプを使って、役者がやれば革命を起せるかもしれません・・・

 
先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】
クリプトン・フューチャー・メディア社が出展したのは、ミストを下から上へ吹き上げることで空間上にスクリーンを生成し、後ろからプロジェクターで映像を投写することができるミストプロジェクションシステム「Thru Graph」。人が間を通っても大丈夫な超ハイテクな代物。
これ夏場にいいですね・・・

その他

先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】

その他、キャラクターブランドのライセンス展示会もやっていました。

まとめ

日本は少し出遅れていますが、ようやくテクノロジー分野応用の幕開けといった印象で、背景には東京オリンピック開催があると思います。
オリンピック当日までには、日本もすごい展開になりそうですね。

今後、どんなアーティストにも必要になってくる分野だと思いますので、今のうちに体感して自分のものにしちゃいましょう!

テクノロジー系の学生さん、新しい挑戦、参加お待ちしていますよ!
▼「真夏のデザインフェスタ “學展” 8/8・9」の詳細はこちらから
http://www.gakuten.jp/apply

オマケ
先端コンテンツ技術展 in 東京ビックサイト【イベントフォトレポート】

また次回、会う日までー!

write by SEVEN

學展の開催概要はこちらから >