blog

top > 學展blog

2015.6.11 (Thu)

おもしろ, 制作

【踊る折り紙!?】週末電子工作に挑戦する集団 「動いた。」

【踊る折り紙!?】週末電子工作に挑戦する集団 「動いた。」

突然ですが、小さい頃に遊んだ折り紙は好きでしたか?
男子は手裏剣、女子は鶴・・・だったかな?
なかなか折り鶴が出来なくて、手先の器用な子が羨ましかった・・・

そんな折り鶴が時を超えて最近話題を呼んでいます!
なんと!紙で出来た折り鶴が、踊りまくります!!!しかもクールに!!

論より証拠。
まずはみて下さい!

なんでしょうか?このキレのあるシュールレアリズム。
頭から離れません。
このポップセンス大好きですw

DANCING PAPER

この「DANCING PAPER」は、サラリーマンが土日に頑張って電子工作に挑戦し、なんとか動いたモノをWebやイベントで紹介している「動いた。」さんの作品です。動かなかったモノの方が多いそうですが、発表される作品はどれも一目置くような作品ばかりでして、ジワジワと巷で人気を集めています。

仕組みは簡単で、電流を流すと磁力が発生する「電磁石」を使って、足の生えた折り鶴の足を動かしているというもの。
電磁石で動く鶴の独特なダンスは、ぎこちなくもキレがあり、一糸乱れぬ「違和感バツグン」の動きをします。

仕組みは簡単だとおっしゃっていますが、制作の過程をみるとめちゃめちゃ手間ひまかかってます。
それもそのはず・・・

アイディア時間:50時間
製作期間:4ヶ月
100案以上のアイディアから選ばれし1案

その苦労が分かるメイキングはこちら・・・

三人寄れば文殊の知恵!!

何か仕事をやっている社会人の皆さんにも、しっかりとしたアート活動ができることを「動いた。」さんの作品は証明しています。
しかも土日限定で・・・。

今回、注目したいのは制作の役割分担です!
ここが完成度や生産効率をぐっと底上げしているのでは。

あくまでメイキングからの仮説ですが・・・

1:アイディア出し
2:技術思案
3:折り紙師
4:コイル・針金など電子工作
5:動きやスイッチ制御をするプログラマー
6:収録や楽曲制作
7:動画制作

んー、これを数人(6名?)でやってのける彼らは本当にすごいですね。
これはチームワークの賜物ではないでしょうか。
自身の専門分野を把握して、ときには部分的に、ときには全体的にかかわっていくことでクオリティを高めています。

制作する上で最も大切なポイント・・・。
専門性のある仲間たちが結集し、チームを信じて、己の死力を尽くす。
相手を尊敬し、しっかりとレスポンスを受け止める。
さすれば扉は開かれますw

話題の企業チームラボさんの社風はまさにこれですよね!
少数ロットでもアイディアや専門性があれば、こうした「DANCING PAPER」のようなヒット作品を当てるチャンスは誰にでもありますよ。

〆まとめ

今やインターネットを通じて、社会人でも仲間を集い、アート活動をいつでも楽しむことができます。
経験や年齢、国籍も関係ありません。

思わぬアイディアが多くの人を感動させる作品になる可能性があります。
始められることから、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに!!!
そんなあなたにピッタリのフィールドを學展はご用意していますよ。
人に触れて、感想などレスポンスをもらうことは生きがいや嬉しさにつながります。
多くの仲間にリアルに会えるのもイベントならではの醍醐味!
▼ぜひ、8/8・9(土日)のご参加お待ちしています!
http://www.gakuten.jp/

P.S.
「動いた。」さんのその他作品は、オフィシャルサイトで確認できます。
Check it out !!
http://www.ugoita.com/

では、チャオチャオ!

write by SEVEN

學展の開催概要はこちらから >